霞・北浦水系のジャカゴインサイドやゴロタ、ガレ場のシャロー、石積みエッジ攻略をロングキャストで攻略するために設計された "インサイドボーラー" 。リリース以降、おかっぱりやボートアングラーに絶大な支持を受け、数々の実績をたたき出しました。

しかしながら極端に浅いレンジを主戦場とする特性から刻々と変化する状況に対応することが難しく、「もうワンレンジ落とせれば・・・」というジレンマもありました。インサイドボーラーのシャッドのような波動はそのままに、90~120cm(使用ラインにて調整)のシャローレンジを攻略できるよう再設計。内部のABS樹脂の無駄な贅肉をギリギリまで削って浮力を確保するなど様々な改良が施され、"インサイドボーラープラスワン"が誕生しました。

​+30cmが必要だった理由とは?

​+5mの飛距離!

インサイドボーラープラスワンのもうひとつ特徴は「飛距離」。オリジナルよりも一回り大きくなったボディ自重で+5mの飛距離を実現。シャッドを使いたいけど、強風下では使えない・・・そんな時こそインサイドボーラープラスワンの出番!向かい風の中でもロングキャストを可能にし、更なるロングディスタンスでのアプローチでシャローのバスにプレッシャーを与えることなくアプローチ。

​フックビートシステム

​フロントフックに干渉するブレードがイレギュラーアクションとフラッシング、干渉音を誘発しバスにアピール。更にフックの暴れを抑え根掛かりを極限まで回避します。

Color Chart

Movie

インサイドボーラープラスワン/関根いちぺーの本湖道・護岸流

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon